コミュニケーションのための言語教育

H.G.ウィドウソン 著 ; 東後勝明, 西出公之 訳

語学教師であれば誰でも、生徒が実際のコミュニケーションの場でその言葉を使えるようになることを最終的な目標としている。コミュニカティブ・アプローチについて徹底的に考察した本書では、まず、コミュニケーションのための能力とは何であるかについて論じられる。そして特に、外国語である英語を、伝達手段として習得させる方法を具体的に提案していく。これまでの英語の授業を見直し、言語教育に新たな視点と工夫を考える先生方に。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 言語用法と言語使用
  • 2 ディスコース
  • 3 言語技能とコミュニケーションのための言語能力
  • 4 「語文義を取る」と「読む」
  • 5 「文作する」と「書く」
  • 6 統合的アプローチに向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コミュニケーションのための言語教育
著作者等 Widdowson, H. G
Widdowson, H. G.
東後 勝明
西出 公之
ウィドウソン H.G.
書名ヨミ コミュニケーション ノ タメノ ゲンゴ キョウイク
書名別名 Teaching language as communication

Komyunikeshon no tameno gengo kyoiku
出版元 研究社
刊行年月 1991.2
ページ数 222p
大きさ 21cm
ISBN 4327410322
NCID BN0625071X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91032817
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想