イスラム社会

アーネスト・ゲルナー 著 ; 宮治美江子 ほか訳

本書は、一級の人類学者によるイスラム社会分析である。イスラム社会のさまざまな特性の根にある文化的メカニズムを探究し、各地域に共通する動的なモデルを提示している。14世紀イスラムの思想家イブン=ハルドゥーンの社会理論をベースにしつつ、ヒュームやエヴァンズ=プリチャードの学説を援用して、本書は、長い歴史と広い地理的範囲をもつイスラム社会の全体に有効な理論を構築している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人間における信仰の満ち干き(デヴィッド・ヒュームとイスラム
  • イブン・ハルドゥーン
  • 恐るべきトルコ人 ほか)
  • 第2章 結合とアイデンティティ-イブン・ハルドゥーンからエミール・デュルケームに至るマグレブ論(イブン・ハルドゥーン、デュルケームと、ウェーバー
  • 近代社会の現実の結合
  • 国家建設の代価 ほか)
  • 第3章 イスラムにおける伝統以後の形態-競馬と商売、そして投票とピーナッツ
  • 第4章 学者と聖者
  • 第5章 北アフリカにおける聖性、ピューリタニズム、世俗化、ナショナリズム-事例研究
  • 第6章 ビスクラの未知なるアポロ-アルジェリアのピューリタニズムの社会的基盤(ジッドの聖者
  • ベン・バディスと改革運動
  • 宗教生活の2つのスタイル ほか)
  • 第7章 ロベール・モンターニュの社会学
  • 第8章 独立直後のモロッコにおける地方反乱のパターン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスラム社会
著作者等 Gellner, Ernest
堀内 正樹
宮治 美江子
田中 哲也
ゲルナー アーネスト
書名ヨミ イスラム シャカイ
書名別名 Muslim society
シリーズ名 文化人類学叢書
出版元 紀伊国屋書店
刊行年月 1991.4
ページ数 492p
大きさ 20cm
ISBN 4314005548
NCID BN06246880
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91039165
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想