近代看護の起源

クリストファー・J.マッグス 原著 ; 大西和子 監訳

本書は、1881年から1914年にかけて英国に出現し、その後半世紀間にわたって看護界を支配した一般病院の正規の看護教育を受けた第一世代の看護についての論述である。第1次世界大戦が勃発し、多くの看護婦が必要とされた時、女性たちはどのようにして看護婦になっていったか、どのように改革し、専門職業の地位を獲得していったか、19世紀の社会事情を背景に、女性たちが進めた自立への歩みに近代女性史を併せたどることができる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 背景
  • 第2章 新人-社会的・職業的進出
  • 第3章 養成と教育
  • 第4章 看護におけるキャリア
  • 第5章 第3の性-要約と結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代看護の起源
著作者等 Maggs, Christopher J
大西 和子
全国看護・福祉研究会
マッグス クリストファー・J.
書名ヨミ キンダイ カンゴ ノ キゲン
書名別名 The origins of general nursing
出版元 相川書房
刊行年月 1991.3
ページ数 192p
大きさ 21cm
ISBN 4750101885
NCID BN06245458
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92026338
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想