蛋白工学における遺伝子発現の調節

三浦謹一郎 編

[目次]

  • 1 遺伝子情報と発現-遺伝子操作概論(宿主ベクター系の構築
  • 道具としての酵素類
  • 生細胞への遺伝子の導入
  • 遺伝子の調製とDNAの構造解析法
  • 導入遺伝子の発現
  • 遺伝子の改変方法-部位特異的変異)
  • 2 細菌による遺伝子発現(大腸菌を宿主とした遺伝子の改変と発現
  • 枯草菌による遺伝子発現
  • 放線菌による遺伝子発現)
  • 3 酵母による遺伝子発現と蛋白質の分泌生産(酵母による遺伝子発現の調節
  • 高発現ベクターの利用
  • 高分泌変異株の利用
  • 培養条件および他の酵母宿主の利用
  • 今後の課題)
  • 4 動物細胞での遺伝子発現(発現ベクターを構成する成分
  • 種々の発現ベクター
  • 高発現を見ざす-高発現のための遺伝子増幅
  • 組換えベクターの動物細胞への導入)
  • 5 植物細胞による遺伝子発現(光による遺伝子発現制御
  • 二次代謝系における遺伝子発現制御
  • 植物細胞による遺伝子発現の特徴)
  • 6 今後の展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蛋白工学における遺伝子発現の調節
著作者等 三浦 謹一郎
書名ヨミ タンパク コウガク ニ オケル イデンシ ハツゲン ノ チョウセツ
シリーズ名 蛋白工学シリーズ
出版元 講談社
刊行年月 1991.5
ページ数 210p
大きさ 21cm
ISBN 4061541021
NCID BN06245017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91036768
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想