ユーロクエイク : 「ヨーロッパ合州国」の誕生から新しい世界秩序へ

ダニエル・バースタイン 著 ; 鈴木主税 訳

本書は、東欧社会主義の破碇、ドイツ再統一、ソ連の変革、そして来たるべき1992年のEC統合と、ヨーロッパを震源とする地震のような変動がもたらす新国際経済秩序を、日・米・欧の三大経済圏(トライアド)の抗争と均衡の図式として描いた最初の書物である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • コロンブス以後500年-新しいフロンティアとしての旧世界
  • 1 ポスト戦後世界の夜明け(場面-パリ郊外、ロワヨーモンのもと僧院登場人物-新しいヨーロッパ
  • そして壁は崩壊した
  • 隠された第3次世界大戦)
  • 2 出現しつつあるヨーロッパの超国家(1992年-世界最大の市場
  • ドイツ問題とドイツの答-ヨーロッパの嵐の通過儀礼
  • 新しい超大国ドイツの誕生)
  • 3 ヨーロッパのアメリカと日本(コンコルドの座席-アメリカの新しい汎大西洋主義
  • 日はまだ昇る-ヨーロッパを目指す日本帝国)
  • 4 未来への急速な前進(歴史の終焉か、資本主義の戦いか?
  • 2000年に向けた100の予言)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユーロクエイク : 「ヨーロッパ合州国」の誕生から新しい世界秩序へ
著作者等 Burstein, Daniel
鈴木 主税
バースタイン ダニエル
書名ヨミ ユーロクエイク
書名別名 Euroquake

Yurokueiku
出版元 三田出版会
刊行年月 1991.4
ページ数 609p
大きさ 20cm
ISBN 4895830829
NCID BN06243077
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91035100
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想