味覚の生理学

佐藤昌康 著

本書においては、最初の味の知覚(味覚の心理物理学)、味の嗜好について記述し、ついで味覚受容器の形態、分布について述べ、さらに動物の各種味溶液摂取・拒否行動について述べた。続いて味神経の電気的応答、味神経線維における情報伝達、脳における情報処理、味細胞での刺激受容について記述した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 味の知覚
  • 2 甘味を抑制する物質、味を変える物質
  • 3 味の好き嫌い
  • 4 老化と味覚
  • 5 味覚の受容器
  • 6 動物における味溶液の摂取・拒否行動
  • 7 味覚反応性テストと条件づけ味覚嫌悪行動
  • 8 動物におけるアミノ酸嗜好と重金属塩忌避
  • 9 味神経の電気的応答
  • 10 味神経応答を抑制する物質の効果
  • 11 味神経線維の情報と味の質の識別
  • 12 うま味の神経情報
  • 13 味刺激の受容
  • 14 脳における味覚情報処理
  • 15 疾病と味覚異常

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 味覚の生理学
著作者等 佐藤 昌康
書名ヨミ ミカク ノ セイリガク
出版元 朝倉書店
刊行年月 1991.4
ページ数 204p
大きさ 22cm
ISBN 4254310706
NCID BN06239524
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91036777
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想