浮遊する群衆 : 管理社会から「動員」社会へ

高橋洋児 著

現代社会とはどういう社会か?高度に複雑化した相互作用の中に、人間の欲望を創出し演出する不可視の巨大な管理システムを組み込んだ現代社会-その中でアトム化し浮遊する現代人の存在状況を鮮烈に描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「ドライヴィークル」の時代
  • 第2章 「知られること」の意味
  • 第3章 イメージ的思考
  • 第4章 「動員」の体系
  • 第5章 希望としての「連帯」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 浮遊する群衆 : 管理社会から「動員」社会へ
著作者等 高橋 洋児
書名ヨミ フユウスル グンシュウ
シリーズ名 有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 1991.4
ページ数 267, 8p
大きさ 19cm
ISBN 4641181535
NCID BN06234815
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91040772
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想