人形芝居と近松の浄瑠璃

内海繁太郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 題字 日本大學總長法學博士 山岡萬之助
  • 序 文學博士 山田孝雄
  • 自序
  • 序篇 近松の研究方法と本書の使命
  • 第一章 近松の硏究方法 / 3
  • 第一節 近松の基礎的硏究 / 3
  • 第二節 近松の人物の硏究 / 7
  • 第三節 近松の淨瑠璃の硏究方法 / 15
  • 第二章 本書の使命 / 40
  • 第一篇 人形淨瑠璃の本質と歷史的考察
  • 第一章 人形芝居の一般的硏究 / 43
  • 第一節 人形芝居の發生的考察 / 43
  • 第二節 人形芝居の特性 / 45
  • 第三節 人形芝居の人形の特性 / 54
  • 第四節 人形芝居の藝術的價値 / 62
  • 第二章 日本の人形芝居の起原 / 65
  • 第一節 宗敎的人形芝居の起原 / 65
  • 第二節 職業的人形芝居の起原 / 83
  • 第三節 發生期の人形芝居の演出の硏究 / 98
  • 第三章 人形淨瑠璃の起原 / 102
  • 第一節 淨瑠璃の起原 / 102
  • 第二節 淨瑠璃と三味線の結合 / 111
  • 第三節 傀儡子と淨瑠璃の提携 / 114
  • 第四節 提携當時の淨瑠璃 / 121
  • 第五節 人形淨瑠璃初期の演出 / 134
  • 第四章 人形淨瑠璃の發展期 / 153
  • 第一節 人形淨瑠璃の發展期槪觀 / 153
  • 第二節 當時の淨瑠璃一般 / 164
  • 第三節 古淨瑠璃の內容硏究 / 169
  • 第四節 形式上の特徵 / 175
  • 第五節 內容上の特徵 / 177
  • 第六節 當時の人形淨瑠璃の演出硏究 / 187
  • 第二篇 近松人形淨瑠璃の硏究
  • 第一章 近松と其の時代の背景の硏究 / 257
  • 第一節 元祿時代の特質 / 257
  • 第二節 元祿時代の民衆文藝 / 279
  • 第二章 近松の槪觀 / 287
  • 第一節 近松の傳記及人物 / 287
  • 第二節 近松の職能 / 307
  • 第三節 近松の作者としての態度 / 309
  • 第三章 近松の淨瑠璃の戲曲的硏究 / 321
  • 第一節 近松の淨瑠璃の槪觀 / 321
  • 第二節 近松の淨瑠璃の戲曲的硏究 / 341
  • 第四章 近松の淨瑠璃と人形舞臺との關係 / 384
  • 第一節 近松當時の文獻から見た舞臺 / 384
  • 第二節 近松の淨瑠璃と舞臺の關係 / 395
  • 第五章 近松の淨瑠璃と人形との關係 / 412
  • 第一節 近松の作品に現はれた人形の種類 / 412
  • 第二節 近松頃の人形の構造 / 479
  • 第六章 當時の人形淨瑠璃の演出と近松 / 495
  • 第一節 近松時代の人形芝居の槪觀 / 495
  • 第二節 出語出遣に關する考察 / 497
  • 第三節 三人遣の考察 / 525
  • 第四節 近松とからくりの關係 / 540
  • 第五節 當時の人形遣 / 566
  • 終篇 結論
  • 第一章 近松の功績 / 573
  • 第一節 淨瑠璃文藝の進步 / 573
  • 第二節 淨瑠璃の戲曲化 / 575
  • 第三節 舞臺と人形の進步發達 / 576
  • 第四節 人形淨瑠璃演出の進步 / 576
  • 第二章 近松と日本演劇 / 577
  • 第一節 人形淨瑠璃による日本演劇の樹立 / 577
  • 第二節 近松の影響 / 579
  • 第三節 近松に對する批判と硏究の將來 / 580
  • 索引 / 583

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 人形芝居と近松の浄瑠璃
著作者等 内海 繁太郎
書名ヨミ ニンギョウ シバイ ト チカマツ ノ ジョウルリ
出版元 白水社
刊行年月 昭15
ページ数 610p
大きさ 22cm
NCID BN06220151
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46069562
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想