西洋文化の源をたずねる

呉茂一 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき / p3
  • 1 序<明治百年にあたって> / p11
  • <1> 明治百年の激変とひずみ
  • <2> 日本の正しい方向づけのために
  • 2 西洋文化の東への窓・エペソス市 / p35
  • <1> ギリシア文化のたまり場
  • <2> 聖母マリアの隠れ家
  • <3> 七人の眠る聖者たち
  • <4> アルテミス女神と聖母マリア
  • 3 エーゲ海に咲いた文化 / p61
  • <1> エーゲ海のくさび・デーロス島
  • <2> 中世に浮かび出るロドス島
  • <3> ギリシアの栄光を伝えるロドスの丘町
  • 4 「西洋」の根本理念 / p79
  • <1> アテネ・パルテノーン神殿を仰いで
  • <2> 日本とギリシア
  • <3> ギリシア的理念と現代
  • 5 アポロンとギリシアの理性 / p101
  • <1> 比類ない恩恵
  • <2> デルボイの神殿
  • <3> 自然哲学の起点
  • 6 ディオニューソスとギリシアの情熱 / p119
  • <1> ディオニューソス信仰の起源
  • <2> 大ディオニューシアの祭り
  • 7 ローマの平和と古典文化の終末 / p133
  • <1> ローマとエトルスキ文化
  • <2> ローマの大膨張と創造意欲の減退
  • <3> 古典文化の自壊とキリスト教の台頭
  • 8 東ローマ文化の千年 / p157
  • <1> イスタンブールの歴史
  • <2> コンスタンチノーブルの盛観
  • <3> 東西文化の融合
  • <4> 大いなる奇跡
  • <5> 天恵による幸運
  • 9 中世期の文化とローマ / p183
  • <1> ローマ市の受難
  • <2> ローマ市とローマ法王
  • <3> ふたりの聖職者について
  • 10 近代の夜明け前 / p203
  • <1> ヴェニスが果たした役割
  • <2> 小鳥の聖者・聖フランシス
  • <3> 注目すべき十三世紀後半
  • <4> フロレンスの歩み
  • 11 文芸復興と人文主義 / p227
  • <1> フロレンスのメディチ家
  • <2> 文芸復興の背景
  • <3> 文芸復興期の諸活動
  • <4> 現代に尾を引く不幸
  • あとがき / p250

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 西洋文化の源をたずねる
著作者等 呉 茂一
書名ヨミ セイヨウ ブンカ ノ ミナモト オ タズネル
書名別名 Seiyo bunka no minamoto o tazuneru
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1966
ページ数 254p
大きさ 18cm
NCID BN06219979
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66009029
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想