班田収授制の研究

今宮新 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序論
  • 第一 古代支那に於ける土地制度
  • 一 班田收授制と古代支那の土地制度 / 3
  • 二 漢・晋時代の土地私有制限策 / 6
  • 三 北魏の均田制 / 8
  • 四 北齊・北周の均田制 / 13
  • 五 隋の均田制 / 17
  • 六 唐の均田制 / 21
  • 第二 均田制の實施及び崩壊
  • 一 唐以前に於ける均田制の實施 / 31
  • 二 唐代に於ける均田制の實施 / 37
  • 三 均田制崩壊の原因 / 44
  • 本論
  • 第一 班田收授制の成立
  • 一 大化改新と土地問題 / 53
  • 二 土地公有主義の成立 / 56
  • 三 土地公有主義の實施 / 60
  • 四 大化當時の班田收授制 / 66
  • 第二 班田收授制の内容
  • 一 班田收授制の確立 / 75
  • 二 班田手續及び班年 / 78
  • 三 口分田 / 82
  • 四 園宅地 / 86
  • 五 班田制と唐以前の均田制との比較 / 89
  • 六 班田制と唐の均田制との比較 / 95
  • 附記 日唐田令の對照 / 108
  • 第三 律令時代に於ける土地制度の本質
  • 一 土地私有主義學說 / 118
  • 二 土地私有主義學說の論據 / 124
  • 三 土地私有主義學說への疑問 / 127
  • 四 土地私有主義學說の批判 / 134
  • 第四 古代に於ける耕地所有の諸問題
  • 一 古代に於ける耕地所有形態に關する問題 / 143
  • 二 小野博士の說について / 148
  • 三 石母田氏の說について / 154
  • 四 田令より見たる古代の耕地所有形態 / 161
  • 第五 奈良時代以前に於ける班田制の實施
  • 一 内田・瀧川兩博士の硏究 / 173
  • 二 口分田の班給について / 177
  • 三 奈良時代以前に於ける班田制の實施 / 183
  • 四 大寶二年の戶籍に現れたる口分田について / 191
  • 第六 奈良時代に於ける班田制の實施
  • 一 初期に於ける實施 / 207
  • 二 中期に於ける實施 / 214
  • 三 後期に於ける實施 / 224
  • 第七 班田收授制頽廢の原因
  • 一 土地よりの考察 / 237
  • 二 制度よりの考察 / 250
  • 三 人よりの考察(一) / 256
  • 四 人よりの考察(二) / 266
  • 第八 班田收授制頽廢の對策
  • 一 田令に規定されたる對策 / 283
  • 二 口分田の不足に對する政策(一) / 290
  • 三 口分田の不足に對する政策(二) / 300
  • 四 制度の改變による對策 / 313
  • 第九 班田收授制崩壊の過程
  • 一 平安初期畿内に於ける班田制の施行 / 329
  • 二 畿内に於ける班田制の崩壊過程 / 340
  • 三 平安初期畿外諸國に於ける班田制の施行 / 351
  • 四 地方に於ける班田制の崩壊過程 / 360
  • 五 延喜時代に於ける班田制の施行 / 366
  • 六 延喜以後の班田制 / 377
  • 索引 / 1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 班田収授制の研究
著作者等 今宮 新
書名ヨミ ハンデン シュウジュセイ ノ ケンキュウ
出版元
刊行年月 1944
ページ数 382p
大きさ 22cm
NCID BN06219775
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60009221
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想