昭和精神史の一断面 : 法哲学者加古祐二郎とその日記

加古祐二郎 著 ; 大橋智之輔 ほか編著

[目次]

  • 加古祐二郎研究(加古祐二郎の法哲学とパシュカーニス理論-両者の「交渉」の時代史的考察
  • 加古祐二郎の法哲学と法体系論の課題
  • 加古祐二郎と瀧川幸辰
  • 加古祐二郎と「外伝」-「研究ノート」より)
  • 資料(社会法の限界性-加古祐二郎
  • 社会法-加古先生述)
  • 加古祐二郎の日記
  • 加古祐二郎著作目録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和精神史の一断面 : 法哲学者加古祐二郎とその日記
著作者等 加古 祐二郎
大橋 智之輔
村田 淳
福井 厚
藤田 勇
名和田 是彦
書名ヨミ ショウワ セイシンシ ノ イチ ダンメン
シリーズ名 法政大学現代法研究所叢書 11
出版元 法政大学現代法研究所
刊行年月 1991.3
ページ数 271p
大きさ 22cm
ISBN 4588630113
NCID BN06218819
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91042112
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想