競争社会アメリカ : 競争は善、独占は悪

長谷川俊明 著

あらゆる分野で"参加者"が競い合うなかで発展してきたアメリカ。その競争を象徴するのが、自由主義経済と反独占の守り神、反トラスト法である。この法律のもとに巨大企業は分割を命ぜられ、談合が糾弾される。貿易摩擦ではアメリカの強力な"武器"にもなる。本書は司法省対AT&T、IBMの熾烈な戦いにアメリカにおける反トラスト法の役割を探り、NTT分割論議等日本における競争秩序を考慮しつつ、日米社会の比較を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 競争社会アメリカと反トラスト法
  • 第2章 AT&T分割
  • 第3章 IBMvs.反トラスト法訴訟
  • 第4章 海を渡る反トラスト法
  • 第5章 わが国の独占禁止法
  • 第6章 日本とアメリカの競争

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 競争社会アメリカ : 競争は善、独占は悪
著作者等 長谷川 俊明
書名ヨミ キョウソウ シャカイ アメリカ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1991.4
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 4121010205
NCID BN06218375
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91045023
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想