明治音楽物語

田辺尚雄 著

[目次]

  • 明治音楽物語 目次
  • はしがき
  • 一、 私の家系 / p16
  • 二、 私の母と叔父 / p19
  • 第一部 幕末から明治初期まで
  • 一、 桜田騒動を謡った流行唄 / p24
  • (い) チョボクレ節(一) / p24
  • (ろ) チョボクレ節(二) / p26
  • (は) 阿呆陀羅経『ないもの尽し』 / p27
  • (に) 豊後節『老松』の替え唄 / p29
  • 二、 維新の時事を唄ったチョボクレ / p31
  • (い) 『田務チョボクレ』 / p31
  • (ろ) 『時事チョボクレ』 / p34
  • (は) 『夢の世チョボクレ』 / p36
  • (に) 『よぼくれ節』 / p37
  • (ほ) 『道楽坊阿呆陀羅経』 / p38
  • 三、 幕末の落首その他 / p40
  • (い) 浄瑠璃『寺子屋』のもじり / p40
  • (ろ) 京都で作られた落首 / p40
  • (は) 江戸で作られた落首 / p41
  • (に) 桜田騒動の落語 / p42
  • (ほ) 忠臣蔵文句の時事当て言 / p42
  • (へ) 元治元年のいたずら文字 / p44
  • (と) 天保饑饉のくどき唄 / p44
  • 第二部 著者をめぐる明治の人々
  • 一、 半銭学校 / p48
  • 二、 四谷の寄席(一) / p51
  • 三、 四谷の寄席(二) / p56
  • 四、 初期の新派劇(壮士芝居) / p59
  • 五、 九連環とカンカン踊 / p62
  • 六、 盆踊の禁止と民謡の勃興 / p72
  • 七、 吉備楽のはなし / p79
  • 八、 国歌『君が代』の話 / p88
  • 九、 雅楽の名手薗兼明先生 / p108
  • 十、 明治の大阪物語 / p122
  • (い) 父と住友家 / p122
  • (ろ) そのころの学校生活 / p135
  • (は) そのころの音楽会 / p167
  • 十一、 お化けの住吉村開拓 / p173
  • 十二、 幽霊は実在するか / p181
  • 十三、 剣道塾の一年 / p184
  • 十四、 一高生の生活 / p198
  • 十五、 一高音楽部 / p214
  • 十六、 一高の記念祭 / p223
  • 十七、 東京音楽学校 / p230
  • (い) 私とヴァイオリン / p230
  • (ろ) 音楽学校選科時代 / p234
  • (は) わが国最初のオペラ / p245
  • 十八、 わが楽壇の恩人ノエル・ペリー先生 / p252
  • 十九、 大学生時代 / p257
  • (い) 錚々たる教授陣 / p257
  • (ろ) 教授連の趣味生活 / p264
  • (は) ニュートン祭と大学の運動会 / p267
  • 二十、 学校教師の生活 / p271
  • 二十一、 田中正平博士と家庭踊 / p279
  • 二十二、 レコード物語 / p296
  • (い) レコード・マニア / p296
  • (ろ) 本邦最初のレコード講演 / p299
  • (は) 延寿太夫吹込事件 / p303
  • (に) 軽井沢心中とレコード / p306
  • 第三部 明治大正の音楽物語
  • 一、 浪花節の興隆 / p310
  • 二、 筑前琶琵の創始物語 / p315
  • 三、 日本を見くびった外人楽士 / p335
  • 四、 聞かない音楽評 / p346
  • 五、 楽界の奇人鈴木鼓村 / p353
  • 六、 宮城道雄出世物語 / p365
  • 七、 一代の英傑中尾都山 / p379
  • あとがき
  • 一、 大震災と音楽 / p393
  • 二、 神は自から助くる者を助く / p402
  • 三、 私の健康法 / p411

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 明治音楽物語
著作者等 田辺 尚雄
書名ヨミ メイジ オンガク モノガタリ
書名別名 Meiji ongaku monogatari
シリーズ名 青蛙選書
出版元 青蛙房
刊行年月 1965
ページ数 420p 図版
大きさ 22cm
NCID BN06218342
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65002166
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想