宝塚戦略 : 小林一三の生活文化論

津金沢聡広 著

朗らかに、清く正しく美しく…。歌劇を中心とする小林一三の企業戦略は、たんなる経営の視点をこえた文化運動でもあった。共存共栄の理念による「宝塚戦略」をいま一度ふり返り、現代に生かした力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 阪急沿線への散歩
  • 1 楽園としての宝塚
  • 2 情報・文化空間の創出
  • 3 実業家、小林一三
  • 4 清く正しく美しく
  • 5 大正文化と宝塚モダニズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宝塚戦略 : 小林一三の生活文化論
著作者等 津金沢 聡広
書名ヨミ タカラズカ センリャク
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1991.4
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 4061490508
NCID BN06218105
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91037117
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想