松尾芭蕉 : 永遠の旅人

白石悌三, 田中善信 著

いっさいの人間的欲望をすて、漂泊に生涯をかけて創作した芭蕉文学の深奥と生身の芭蕉像を、豊かな詩魂と鋭敏な想像力をもって、わかり易く描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 芭蕉が芭蕉になるまで(永遠の旅人
  • 伊賀・宗房の時代
  • 江戸・桃青の時代)
  • 第2部 芭蕉伝の表をよむ(四季発句
  • 甲子吟行画巻
  • あつめ句巻
  • おくのほそ道
  • 『猿蓑』と『炭俵』)
  • 第3部 芭蕉伝の裏をよむ(『小ばなし』の発見とその波紋
  • 桃印と寿貞
  • 寿貞という女性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 松尾芭蕉 : 永遠の旅人
著作者等 田中 善信
白石 悌三
書名ヨミ マツオ バショウ
書名別名 Matsuo basho
シリーズ名 日本の作家 26
出版元 新典社
刊行年月 1991.4
ページ数 291p
大きさ 19cm
ISBN 4787970267
NCID BN06216303
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92034153
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想