動物論 : 思考と文化の起源について

ポール・シェパード 著 ; 寺田鴻 訳

われわれの精神と文化は、動物たちと深くかかわることによって、彼らと相互作用の中から生み出されてきたのである…。独創的な視点から動物について考え、自然の秩序を通して今日の生命観を見出そうと試み意欲的な思索の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 多様性と秩序のモデル
  • 2 精神の動物誌
  • 3 思考のモザイク
  • 4 ゲーム・メタファー・アイデンティティ
  • 5 観念の具体的なシンボルとして
  • 6 イメージとコマーシャリズム
  • 7 動物とともに考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動物論 : 思考と文化の起源について
著作者等 Shepard, Paul
寺田 鴻
シェパード ポール
書名ヨミ ドウブツロン
書名別名 Thinking animals
出版元 どうぶつ社
刊行年月 1991.3
ページ数 335p
大きさ 20cm
ISBN 4886222595
NCID BN06211401
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91052234
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想