殿様生物学の系譜

科学朝日 編

日本の博物学・生物学の発展は、数多くの大名・華族・皇族たちが担ってきた。「偉大なアマチュア」から「世界的な研究者」まで、近代科学史に残るさまざまな足跡をたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 江戸の先達たち(博物学フィーバーの先がけ-細川重賢
  • 「殿様芸」を超えた博物図譜-江戸中期博物大名列伝
  • 赭鞭会に集まった大名・旗本たち-前田利保と黒田斉清
  • 60年も続いた「同好会」-尾張甞百社をめぐる人々
  • 「夢」を忘れなかった薩摩の名君-島津重豪
  • 東北の地で博物学の王道を歩む-松森胤保)
  • 第2部 日本鳥学をつくった人々(細胞遺伝を分類に持ち込む-山階芳麿
  • 飼育を科学にした鳥の公爵-鷹司信輔
  • カンムリツクシガモの発見-黒田長礼
  • 絶滅鳥とモダン候爵-蜂須賀正氏
  • わが国山岳鳥類研究の草分け-清棲幸保
  • 非運の大コレクション-松平頼孝)
  • 第3部 博物学から生物学へ(殖産興業を支えた「博覧会男爵」-田中芳男
  • 彦山の神官ナチュラリスト-高千穂宣麿
  • 虎狩りの殿様の生物研究所-徳川義親
  • 日本植物のルーツを求めて-原寛
  • 博物家系のアンカー鳥学者-黒田長久
  • 回り道した「雑甲虫」専門家-久松定成)
  • 第4部 業績は広い分野に(「発現の喜び」を求めて-明治〜昭和・華族生物学者列伝
  • 世界的評価のヒドロ虫研究-昭和天皇
  • 「極めて精緻かつ正確」なハゼ研究-明仁天皇)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 殿様生物学の系譜
著作者等 磯野 直秀
科学朝日編集部
科学朝日
書名ヨミ トノサマ セイブツガク ノ ケイフ
シリーズ名 朝日選書 421
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1991.3
ページ数 292p
大きさ 19cm
ISBN 4022595213
NCID BN0620398X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91030938
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想