世界の良心は発言する : 世界平和集会議事録

平和擁護日本委員会 編

[目次]

  • 目次
  • 世界の平和を話し合いで(はしがき) 平野義太郎 / p1
  • 第一部 世界平和評議会特別總会 (一九五四年五月二十四日-二十八日、ベルリン) / p15
  • 世界平和評議会ベルリン特別総会の経過 / p17
  • 水素爆弾は歴史に反逆する武器である(ジャン・ポール・サルトル) / p23
  • 原水爆絕対禁止のために(ニコライ・チーホノツ) / p30
  • 集団安全保障のために(エマニュエル・ダスティエ・ド・ラ・ヴィジェリー) / p39
  • 太平洋における水爆実験を禁止せよ(平野義太郎) / p54
  • 集団安全保障にかんする決議 / p61
  • 原子兵器にかんする決議 / p62
  • 文化問題分科委員会の勧告 / p63
  • 東南アジアおよび極東諸国代表の声明 / p64
  • 出席日本代表氏名 / p66
  • 第二部 国際緊張緩和のための集り (一九五四年六月十九日-二十三日、ストックホルム) / p67
  • 国際緊張緩和のための集りの性格と経過 / p69
  • 国際緊張緩和のための集り理事会 / p76
  • 六月十九日-ルネ・カピタン(フランス)の演説 / p78
  • ラメシュワリ・ネール夫人(インド)の演説 / p85
  • 六月二十日-アンゲロス・アゲロプロス(ギリシア)の演説 / p90
  • エリック・ジョンスン(アメリカ)の演説要旨 / p98
  • ヘリベルト・ハラ(メキシコ)の演説要旨 / p100
  • 六月二十三日-ハンス・イヴァント(ドイツ連邦共和国)の演説 / p104
  • 田中稔男(日本)の演説 / p109
  • シン・カポル(パテト・ラオ)の演説要旨 / p111
  • ルト・ロト(クメル)の演説要旨 / p114
  • 最終会議-キム・シャン・ドゥン(朝鮮)の演説要旨 / p116
  • 堂森芳夫(日本)の演説 / p117
  • 郭沫若(中国)の演説 / p119
  • イリヤ・エーレンブルグ(ソ同盟)の演説 / p124
  • 一般決議 / p129
  • ジュネーヴ会議へのうったえ / p131
  • グァテマラ事件にかんする国連へのうったえ / p132
  • ドイツ問題にかんして政治分科会の採択した勧告 / p133
  • 軍縮および大量破壊兵器にかんして政治分科会の採択した勧告 / p134
  • 国連、安全保障、民族独立にかんして政治分科会の採択した勧告 / p135
  • 経済分科会の勧告 / p137
  • 文化問題分科会の勧告 / p140
  • 集りに参加した宗教家から世界のすべての宗教信者へのうったえ / p141
  • アジア平和会議にかんするコミュニケ / p143
  • 日本国会議員団の声明 / p145
  • 日本代表団氏名 / p148
  • 第三部 世界平和評議会幹部会会議 (一九五四年九月十三-十五日、ウィーン) / p149
  • 幹部会会議出席者名簿 / p151
  • 第一次会議(九月十三日午後)(国際情勢の検討) / p153
  • 第二次会議(九月十三日夜)(国際情勢の検討) / p163
  • 第三次会議(九月十四日午前)(国際情勢の検討) / p167
  • 第四次会議(九月十四日午後)国際情勢の検討終結、平和運動の諸活動の検討および組織問題の討議) / p179
  • 第五次会議(九月十五日午前)(平和運動の諸活動の検討および組織問題の検討) / p188
  • 第六次および第七次会議(九月十五日午後と夜)(国際情勢についての宣言草案の討議、平和運動の諸活動の検討と組織問題の討議終結、テキストおよび諸決定についての討議とその採択) / p193
  • 世界平和評議会幹部会の声明 / p197
  • 第四部 世界平和評議会総会 (一九五四年十一月十八-二十三日、ストックホルム) / p199
  • 世界平和評論会ストックホルム総会の中心議題 / p201
  • ヨーロッパの安全保障(イリヤ・エーレンブルグ) / p204
  • 不侵略・無差別の平和な世界の実現のために(松本治一郎) / p217
  • アジアの団結をつうじて世界平和(ロメシュ・チャンドラ) / p223
  • 諸国民の内政への干渉によってラテン・アメリカにつくりだされた情勢 (ホセ・ダ・フロータ・モレイラ) / p248
  • 軍縮と大量殺人兵器禁止とを確保するための平和勢力の行動(E・H・S・バーホップ) / p263
  • 世界平和集会の召集について(アイヴォア・モンターギュ) / p287
  • 諸国民へのよびかけ / p294
  • 外国の圧力と、軍事ブロック、軍事同盟の体制によってアジアにつくりだされた情勢についての決議 / p296
  • 外国の内政干渉によってラテン・アメリカにつくりだされた情勢についての決議 / p298
  • 軍縮と大量殺人兵器禁止をめざす平和努力の行動についての決議 / p300
  • 外国の圧力と、軍事ブロック、軍事同盟の体制によって従属諸国および半従属諸国につくりだされた情勢についての決議 / p303
  • 世界平和集会召集のためのよびかけ / p305
  • 世界平和運動の組織問題についての勧告 / p306
  • 大文化祭のためのよびかけ / p311
  • 世界平和運動の文化活動についての勧告 / p312

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 世界の良心は発言する : 世界平和集会議事録
著作者等 平和擁護日本委員会
書名ヨミ セカイ ノ リョウシン ワ ハツゲンスル : セカイ ヘイワ シュウカイ ギジロク
出版元 五月書房
刊行年月 1955
ページ数 316p 図版
大きさ 18cm
NCID BN06199995
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
55002319
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想