EC経済をみる眼

内田勝敏, 清水貞俊 著

[目次]

  • 第1章 世界経済のなかのEC-アメリカ体制とEC
  • 第2章 ECの成立としくみ-ECは何をねらいとしているか
  • 第3章 ECの貿易-関税同盟の効果はどうだったか
  • 第4章 EECの農業政策-EECの農業はアキレス腱か
  • 第5章 ECのエネルギー政策-共通エネルギー政策は存在するか
  • 第6章 ECの産業政策と競争政策-先端産業の育成にかける
  • 第7章 ECと通貨統合-欧州統合の鍵となるか
  • 第8章 ECの財政問題-ヨーロッパ連邦財政への第1歩となるか
  • 第9章 市場統合の完成-1992年問題
  • 第10章 ECと南北問題-ロメ協定をめぐって
  • 第11章 ECと日本-EC・日本の貿易摩擦はどうなるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 EC経済をみる眼
著作者等 内田 勝敏
清水 貞俊
書名ヨミ イーシー ケイザイ オ ミル メ
シリーズ名 有斐閣新書
出版元 有斐閣
刊行年月 1991.3
版表示 新版.
ページ数 274p
大きさ 18cm
ISBN 4641091277
NCID BN06199532
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91036510
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想