金融界

後藤新一 著

本書では主に銀行界を採り上げた。まず戦後の金融制度はどのような理念の下に、いつごろ確立されたか、その特徴はなにか、戦後金融体制の柱をなす金利の法的規制・為替管理による内外金融市場の遮断がいつ、なぜ設けられたかを明らかにした。これらを展望し、業態別金融機関について、その特色を捉え、いま、なにが問題か、そして、今後なにをしなければならないか、どうなるかをみて、生き残る金融機関のタイプを求めた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 戦後金融制度の確立
  • 第2章 銀行の新設・合同
  • 第3章 戦後金融体制の確立と金融構造の変化
  • 第4章 戦後金融体制の崩壊
  • 第5章 金融の潮流と銀行経営
  • 第6章 業態別金融機関の特色
  • 第7章 生き残る金融機関

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金融界
著作者等 後藤 新一
書名ヨミ キンユウカイ
書名別名 Kin'yukai
シリーズ名 産業界シリーズ 629
教育社新書 629
出版元 教育社
刊行年月 1991.4
版表示 [増補改訂]
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 4315511730
NCID BN06198540
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91038000
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想