王安石

佐伯富 著

北宋第6代神宗の時代、民生の安定と財政の立直しを図って、大胆な「新法」を断行した名宰相王安石。中流階級が没落し、特権階級と貧困層が対立する近世的社会状況のものでその革新政策は成功するかにみえたが、官僚や豪商たちの執拗な抵抗にあい、神宗没後、すべては旧に復する-。硯学が、文人としても名高い王安石の政治的功業と挫折を通して、中国政治の伝統的体質を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 独裁政治の発達
  • 独裁政治の弊壊
  • 王安石の出現
  • 王安石の新法
  • 新法の意義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 王安石
著作者等 佐伯 富
書名ヨミ オウ アンセキ
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論社
刊行年月 1990.3
ページ数 196p
大きさ 16cm
ISBN 4122016975
NCID BN06196545
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90052605
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想