労働者階級の経済学

ア・レオンチェフ 著 ; 南信四郎 編訳

[目次]

  • 目次
  • 経済理論と労働運動 / p3
  • 1 労働組合の斗いと資本主義の経済法則 / p5
  • 2 労資の関係は何にもとづいているか / p11
  • 3 資本主義の発展と労働者階級の状態 / p18
  • 4 資本主義下の技術的進歩と労働者階級の利益 / p25
  • 5 資本主義下の労働生産性と労働の強度 / p33
  • 6 プロレタリアートの絶対的・相対的貧困化 / p43
  • 7 資本主義下のプロレタリアートの経済斗争と政治斗争 / p53
  • 変革の経済学 / p59
  • 1 労働者階級の科学的世界観の誕生 / p64
  • 2 史的唯物論と経済学 / p78
  • 3 ブルジョア古典経済学の批判的克服 / p93
  • 4 資本主義的経済関係の歴史的・一時的性格 / p105
  • 5 剰余価値学説はマルクス主義経済理論の礎石である / p124
  • 6 資本主義の歴史的運命 / p147
  • 7 マルクス・レーニン主義の科学的経済学 / p181
  • 訳者あとがき / p193

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 労働者階級の経済学
著作者等 Leont'ev, Lev Abramovich
Leontʹev, L. A.
南 信四郎
ア・レオンチェフ
書名ヨミ ロウドウシャ カイキュウ ノ ケイザイガク
出版元 三一書房
刊行年月 1956
ページ数 194p
大きさ 19cm
NCID BN06195724
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56002814
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想