子供の民俗学 : 子供はどこから来たのか

飯島吉晴 著

子供はどこから来たのか、そしてどこへ行くのか。民俗社会での子供をめぐるさまざまの儀礼、習俗、子供の遊び、わらべ歌などから現代の学校のフォークロアまで、子供へのまなざしの変遷をたどり、闇のなくなった時代に生きる子供たちにもう一度原初の輝きを取りもどさせる試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 子供の境界性-聖性と賎性
  • 1 子供の民俗学(子供の発見
  • 異物としての子供
  • 児童遊戯の世界
  • 学校のフォークロア)
  • 2 「遊び」のなかの子供(子供と自然-環境教育の原型
  • 遊びのフォークロア-世界創造としての遊び
  • 現代っ子と遊び)
  • 3 異界への回路(子供と老人-家と村の再生システム
  • 骨こぶり習俗
  • 昔話の仕掛け)
  • 終章 子供のゆくえ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子供の民俗学 : 子供はどこから来たのか
著作者等 飯島 吉晴
書名ヨミ コドモ ノ ミンゾクガク
シリーズ名 ノマド叢書
出版元 新曜社
刊行年月 1991.4
ページ数 258p
大きさ 20cm
ISBN 4788503905
NCID BN0619497X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91035281
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想