フランス・ロマン主義と現代

宇佐美斉 著

18世紀後半から19世紀後半までのフランス革命を含む百年は、近代の諸問題が一気に沸騰した「豊かな危機」の時代であった。この時期の文学・芸術・思想をおおう巨大な精神運動であるロマン主義の全体像に、今日的な視点から多角的に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 ロマン主義を考えるために
  • 1 ロマン主義とその時代(墓地からの光景
  • 血の祝祭・民衆・表象の力-1835年頃のブールヴァール劇を通して見たユゴーとバルザック
  • 四つの変奏
  • フランスとハイネ
  • フランス革命とロマン主義)
  • 2 まなざしの変容(セラファンの劇場-アロイジュス・ベルトランの散文詩とロマン主義時代の光学魔術
  • 風景画の覚醒
  • 視覚のエクリチュールへの道-ボードレールと風景画
  • 閉ざされた空間の寓話)
  • 3 テクスト間の照応(思惟する「熱狂」-スタール夫人における「反省」
  • 小石の山
  • 受難への偏執-ボードレールとフランス・ロマン派
  • 風の言語-クローデルの中のユゴー像をめぐって)
  • 4 ロマンティック・ヒーローと「私」(自然から想像力へ
  • 『愛慾』あるいはプロテウスの戦略
  • テクストと「私」-ルソーにおけるナルシス問題
  • 「私」語りの変容-モーリス・ド・ゲランと新しい言語の探求)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス・ロマン主義と現代
著作者等 宇佐美 斉
書名ヨミ フランス ロマン シュギ ト ゲンダイ
書名別名 Furansu roman shugi to gendai
シリーズ名 京都大学人文科学研究所研究報告
出版元 筑摩書房
刊行年月 1991.3
ページ数 298, 4p
大きさ 22cm
ISBN 4480836047
NCID BN06190593
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91041074
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想