比較封建制論

外村直彦 著

封建制とはなにか。諸説の検討と諸社会の比較から、普遍妥当な封建制の理念型を構築。封建制の成立因と近代資本主義の原動力の追及。西欧、日本に限らず、中国、エジプト等も視野に入れた比較作業により、超越的王権(天皇制)の謎に迫る意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 比較封建制論-封建制概念の一義性を求めて
  • 2 封建制の成立
  • 3 封建制から資本主義への移向
  • 4 超越的王権論-天皇制の謎を解く

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 比較封建制論
著作者等 外村 直彦
書名ヨミ ヒカク ホウケンセイロン
出版元 勁草書房
刊行年月 1991.4
ページ数 180p
大きさ 20cm
ISBN 4326651253
NCID BN06181796
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91033709
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想