いじめ・体罰と父母の教育権

今橋盛勝 著

いじめや体罰によって子どもの命さえ奪われている。その中で、学校・父母のなすべきことは何か、父母は学校にどうコミットすべきなのか。学校を、父母が参加した「開かれた学校」にするため、PTAのあり方、学校と父母の関係を問い直し、学校父母会議の構想を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 いじめ問題と学校・父母の責任-母親との対話
  • 2 学校と子どもの人権
  • 3 子どもの人権と子どもの権利条約
  • 4 子どもの人権とPTA
  • 5 父母の教育権と学校-学校をひらくために
  • 6 憲法・子どもの権利条約と父母の教育権
  • 7 学校父母会議(父母組合)の構想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いじめ・体罰と父母の教育権
著作者等 今橋 盛勝
書名ヨミ イジメ タイバツ ト フボ ノ キョウイクケン
シリーズ名 岩波ブックレット no.191
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.3
ページ数 70p
大きさ 21cm
ISBN 4000031317
NCID BN06177788
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91033792
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想