開国-日露国境交渉

和田春樹 著

クリル諸島の国境を画定し、開国を決めた1855年の日露通好条約。締結に向けた1年半に及ぶ交渉過程を、新史料を加えてたどる。直前のペリーの威圧的な開国要求と異なるプチャーチンの辛抱強い、平和的な能度等をロシア史のコンテキスト中に置き、18、19世紀の日露接触、日本人のロシア観、敵として、隣人として、先生としてみなしてきた歴史を加えて、日ソ関係の原点をふり返る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 使節の出発
  • 2 長期にわたる努力
  • 3 日本人のロシア観
  • 4 二つの航海-プチャーチンとペリー
  • 5 長崎交渉
  • 6 さまよえるロシア艦隊
  • 7 下田交渉
  • 8 調印以後
  • 9 同時代の日本とロシア
  • エピローグ 1855年のクリル諸島

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 開国-日露国境交渉
著作者等 和田 春樹
書名ヨミ カイコク ニチロ コッキョウ コウショウ
書名別名 Kaikoku nichiro kokkyo kosho
シリーズ名 NHKブックス 620
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1991.4
ページ数 219p
大きさ 19cm
ISBN 4140016205
NCID BN06176810
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91040606
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想