家族・農村・コミュニティ

木下謙治 著

本書は斯学研鑚30年におよぶ著者がその夥しい研究成果から表題の下に17篇の論考を撰び自ら整序編輯した社会学論集である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 家族論(家族関係の基礎概念
  • 家族の普遍性
  • 近代家族の不安定性
  • 現代の親子関係
  • 在宅高齢者の生きがいと幸福感
  • アルペン農業を担う家族と近隣
  • 現代家族考)
  • 第2部 農村社会論(農村社会学における構造の概念
  • 農村における地域の問題
  • 農家生活の実態と展望
  • ムラの解体と農民像の変容
  • 農業構造改善事業と村落-北薩一村落の事例)
  • 第3部 コミュニティ論(地域の概念
  • コミュニティ・アイデンティティについて
  • 大都市近郊におけるコミュニティ形成
  • コミュニティのアスペクツ
  • 喫茶店文化論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族・農村・コミュニティ
著作者等 木下 謙治
書名ヨミ カゾク ノウソン コミュニティ
書名別名 Kazoku noson komyuniti
シリーズ名 社会学叢書
出版元 恒星社厚生閣
刊行年月 1991.3
ページ数 264[正しくは364], 6p
大きさ 22cm
ISBN 4769906986
NCID BN06174542
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92011817
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想