フロイト家の日常生活

デトレフ・ベルテルセン 著 ; 石光泰夫, 石光輝子 訳

1929年から1982年まで53年間、精神分析の創始者ジークムントと娘アンナの二代にわたりフロイト家につかえた家政婦-パウラ・フィヒトル。本書は、一ジャーナリストが家政婦パウラに長時間インタヴューをおこない、加えて、一家と親交のあった人々の証言や膨大な数の書簡をもとにまとめあげた「回想」である。ここからは、従来の伝記に欠落していた父娘の素顔、フロイト家の「内幕」にとどまらず、一家と苦難をともにした家政婦が経験した<20世紀>が浮かび上がってくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 グニグル村-少女時代
  • 第2章 ヌスドルフ、ザルツブルク、ウィーン-奉公に出る
  • 第3章 ベルク小路十九番地-旦那さま御一家
  • 第4章 ロンドン亡命-「パウラ、そのかたたちをお通ししなさい」
  • 第5章 フロイト家を離れて-「忠誠度に難あり」
  • 第6章 手の届かない「お嬢さま先生」-「パウラさまあて」
  • 第7章 老人用パンションにて-「かくて世界の歴史に残る人物となりき」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フロイト家の日常生活
著作者等 Berthelsen, Detlef
石光 泰夫
石光 輝子
ベルテルセン デトレフ
書名ヨミ フロイトケ ノ ニチジョウ セイカツ
書名別名 Alltag bei Familie Freud
シリーズ名 20世紀メモリアル
出版元 平凡社
刊行年月 1991.2
ページ数 272, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4582373143
NCID BN06174269
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91030607
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想