文章工学 : 表現の科学

樺島忠夫 著

[目次]

  • もくじ
  • まえがき
  • I 文章の能率的な作成 / p1
  • 一 文章の三つの書き方 / p2
  • 筆に任せて書く書き方 / p2
  • 型に従って書く書き方 / p3
  • アウトラインを作って計画的に書く書き方 / p5
  • 二 型を利用する文章作成 / p6
  • 型の効用 / p6
  • 明治初期の作文教科書 / p11
  • 常例文システムとパラグラフシステム / p14
  • 型を持つ文章を集める / p17
  • 保存の方法 / p18
  • 三 文章の能率的な書き方 / p21
  • 推敲ということ / p21
  • なぜアウトラインを作るか / p22
  • 文章の内容についての三つの場合 / p24
  • ブレーンストーミング / p26
  • 整理と秩序づけ / p29
  • 読書、資料の収集、調査・実験 / p35
  • カードの利用法 / p38
  • アウトラインを作る / p41
  • 執筆のスケジュール / p44
  • ノートの書き方 / p47
  • 資料の整理法 / p47
  • カナタイプの利用 / p49
  • II 機能的な文章を書く / p51
  • 四 離散化の原理を利用する / p52
  • 離散化の原理 / p52
  • 読みやすさ / p56
  • 漢字の使い方 / p61
  • 一つの区切りで一つの意味を / p62
  • 文の長さ / p66
  • 五 文脈の原理を利用する / p73
  • 近似日本語 / p73
  • 文脈の働き / p77
  • 文章の構成 / p81
  • 六 冗文的文章 / p87
  • 文章のむだ / p87
  • 散漫的文章 / p88
  • おしゃべり的文章 / p90
  • 凝縮する / p91
  • 抄録 / p92
  • 七 働きかける表現 / p94
  • ことばの方向性 / p94
  • 受け手への働きかけ / p97
  • 引き入れの表現 / p100
  • 働きかけの表現の逆効果 / p103
  • わかりやすさの尺度 / p104
  • III 表現の技法 / p107
  • 八 記述的、説明的、印象的表現 / p108
  • 表現対象、送り手・受け手 / p108
  • 記述的表現 / p110
  • 要約的な記述 / p115
  • 説明的表現 / p117
  • 接続詞・接続助詞 / p121
  • 印象的表現 / p124
  • 比喩 / p128
  • 意味論的考察 / p134
  • 九 ありさまの描写と動きの描写 / p137
  • 描写のいろいろ / p137
  • ありさまの描写と動きの描写 / p142
  • ことばの描写 / p149
  • 十 叙述の「眼」 / p155
  • 実験 / p155
  • 内容の世界と送り手-受け手の世界 / p159
  • 叙述の「眼」 / p163
  • 叙述の「眼」の効果 / p168
  • 十一 感化的効果 / p179
  • 感化とは / p179
  • 事実の感化性 / p181
  • 叙述の「眼」による感化 / p183
  • 叙述の「眼」と読み手の「眼」との関係 / p189
  • 付録 送りがなの送り方 / p197
  • 文字列を区切る / p197
  • 漢字から成る表記要素 / p199
  • 送りがなの原則 / p200
  • 例外Iの必要 / p203
  • 共通部分をとる / p204
  • 送りがなを送るためのプログラム / p207
  • あとがき / p211

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 文章工学 : 表現の科学
著作者等 樺島 忠夫
書名ヨミ ブンショウ コウガク : ヒョウゲン ノ カガク
書名別名 Bunsho kogaku
シリーズ名 三省堂新書
出版元 三省堂
刊行年月 1967
ページ数 212p
大きさ 18cm
NCID BN06174076
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67011533
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想