マムルーク : 異教の世界からきたイスラムの支配者たち

佐藤次高 著

アラブを知るためにイスラムの歴史を読む。マムルークとは、男奴隷を意味するアラビア語である。彼らは、軍人として頭角をあらわし、1000年にわたりイスラム社会に君臨した。マムルーク1000年の歴史にイスラム社会の独自のあり方を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 初期イスラム社会の奴隷
  • 第2章 マムルーク軍人の台頭
  • 第3章 マムルークと黒人奴隷浜
  • 第4章 マムルーク朝社会の奴隷軍人
  • 第5章 マムルーク体制とイスラム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マムルーク : 異教の世界からきたイスラムの支配者たち
著作者等 佐藤 次高
書名ヨミ マムルーク
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1991.3
ページ数 199, 11p
大きさ 20cm
ISBN 413021053X
NCID BN06171012
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91034951
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想