生命保険の理論 : 需要者と供給者の視角から

石田重森 著

[目次]

  • 第1編 保険需要をめぐる経済分析(不確実性と保険需要
  • 企業のリスクをめぐる意思決定と保険需要
  • 家計における生命保険需要
  • 生命保険としての年金需要と年金制度
  • 生命保険における生活金融サービス需要とその対応)
  • 第2編 生命保険の構造と企業の理論(生命価値の経済的評価
  • 生命保険の構造分析
  • 保険供給者としての生命保険企業
  • 生命保険企業の福祉性
  • 生命保険企業の金融性
  • 生命保険利潤論)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 論文目録
  • 目次 / p5
  • はしがき / p1
  • 第1編 保険需要をめぐる経済分析
  • 第1章 不確実性と保険需要 / p3
  • 1 不確実性研究と保険学 / p3
  • 2 不確実性の概念 / p5
  • 3 不確実性の程度と保険加入 / p7
  • 4 不確実性下の意思決定基準 / p9
  • 5 保険需要モデルによる分析 / p13
  • 6 不確実性下の保険需要と逆選択 / p16
  • 第2章 企業のリスクをめぐる意思決定と保険需要 / p23
  • 1 企業をめぐる不確実性と意思決定 / p23
  • 2 企業をめぐるリスクとその対応 / p26
  • 3 リスク対応策に関する選好 / p29
  • 4 企業の保険需要と保険企業の対応 / p33
  • 第3章 家計における生命保険需要 / p41
  • 1 生命保険需要とフィナンシャル・プランニング / p41
  • 2 生命保険需要の経済的要因 / p43
  • 3 生命保険需の心理的要因 / p46
  • 4 生命保険需要に影響を及ぼす情報 / p49
  • 5 生命保険購入についての意思決定 / p52
  • 第4章 生命保険としての年金需要と年金制度 / p57
  • 1 長寿時代における年金需要 / p57
  • 2 年金保険の特徴と種類 / p60
  • 3 公的年金保険の機能 / p63
  • 4 企業福祉と企業年金需要 / p66
  • 5 企業年金の役割と機能 / p69
  • 第5章 生命保険における生活金融サービス需要とその対応 / p75
  • 1 生命保険と生活金融サービス / p75
  • 2 本来的機能としての生活金融サービス / p79
  • 3 付随的機能としての生活金融サービス / p83
  • 4 周辺業務としての生活金融サービス / p86
  • 第2編 生命保険の構造と企業の理論
  • 第6章 生命価値の経済的評価 / p93
  • 1 被保険利益概念の妥当範囲 / p93
  • 2 人保険の損害概念 / p97
  • 3 生命保険の被保険利益 / p101
  • 4 被保険利益の意義をめぐって / p103
  • 第7章 生命保険の構造分析(1) / p113
  • 1 生命保険の価格 / p113
  • 2 保険料率決定の原則 / p117
  • 3 生命保険における危険と料率 / p121
  • 第8章 生命保険の構造分析(2) / p127
  • 1 生命保険の責任準備金 / p127
  • 2 責任準備金の積立方式 / p131
  • 3 責任準備金とアセット・シェア / p133
  • 4 責任準備金と解約返戻金 / p136
  • 5 責任準備金の貸付資本化 / p139
  • 第9章 保険供給者としての生命保険企業 / p145
  • 1 生命保険企業論の意義 / p145
  • 2 生命保険事業の公共性 / p147
  • 3 生命保険企業の環境 / p151
  • 4 生命保険企業の社会的責任 / p154
  • 5 生命保険企業の目的と理念 / p157
  • 6 生命保険企業の環境規範 / p160
  • 第10章 生命保険企業の福祉性 / p167
  • 1 生命保険をめぐる福祉関連意識 / p167
  • 2 生命保険企業の営利追求 / p171
  • 3 生命保険の福祉関連性 / p176
  • 4 生命保険の営業性と福祉性 / p182
  • 第11章 生命保険企業の金融性 / p189
  • 1 生命保険の金融機能の向上 / p189
  • 2 生命保険金融の変化と基本原則 / p193
  • 3 金融仲介機関としての生命保険企業 / p197
  • 4 金融自由化と生命保険企業 / p200
  • 第12章 生命保険利潤論 / p205
  • 1 保険利潤に関する諸説 / p205
  • 2 利差説批判論をめぐって / p209
  • 3 生命保険利潤とその分配 / p214
  • 目次 / p5
  • 序 / p1
  • 第一章 現代における保険(1) / p1
  • 一 保険学とは / p1
  • 二 保険の合理性とは / p9
  • 三 保険利潤とは / p14
  • 四 補論 保険の効用をめぐって / p19
  • 第二章 現代における保険(2) / p42
  • 一 経済的保障の概念をめぐって / p42
  • ニ リスク・危険をめぐって / p46
  • 三 企業・家計の保障をめぐって / p51
  • 四 団体性と相互主義をめぐって / p56
  • 第三章 生命保険の理論 / p68
  • 一 生命保険の消費性と貯蓄性 / p68
  • 二 生命保険の商品性と金融性 / p74
  • 三 生命保険の原理と経営原則 / p79
  • 四 生命保険の数理的構造と経営 / p85
  • 第四章 医療保険の制度と保険 / p95
  • 一 医療をめぐるサービスと保険 / p95
  • 二 医療保険の改正と保険 / p100
  • 三 健康保険組合の保険理論 / p104
  • 四 医療給付の保険理論 / p108
  • 五 医療をめぐる保障と保険 / p112
  • 第五章 団体生命保険の特性と機能 / p128
  • 一 団体生命保険の生成とその特徴 / p128
  • 二 団体生命保険と社会保険の比較 / p133
  • 三 企業内福利厚生と団体保険・企業年金 / p137
  • 四 社会経済環境の変化と団体生命保険 / p143
  • 第六章 食品事故保険の機能と課題 / p152
  • 一 食品事故の特異性 / p152
  • 二 食品事故への対応姿勢 / p156
  • 三 食品事故保険の機能 / p158
  • 四 食品事故保険の将来 / p162
  • 第七章 現代保険行政の問題点(1) / p184
  • 一 現代行政国家の基本的性格 / p184
  • 二 現代における保険政策と保険行政の意義 / p187
  • 三 私的保険をめぐる現代保険行政の課題と展望 / p190
  • 四 公的保険をめぐる現代保険行政の課題と展望 / p194
  • 五 補論 保険審議会答申(昭和五四年六月)をめぐって / p198
  • 第八章 現代保険行政の問題点(2) / p228
  • 一 現代経済と保険事業の監督 / p228
  • 二 現代の保険政策と保険行政 / p232
  • 三 わが国の保険行政の特徴と内容 / p237
  • 四 わが国の保険行政と保険事業の課題 / p241
  • 五 補論 現代生命保険企業の課題 / p248

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 生命保険の理論 : 需要者と供給者の視角から
著作者等 石田 重森
書名ヨミ セイメイ ホケン ノ リロン : ジュヨウシャ ト キョウキュウシャ ノ シカク カラ
書名別名 Seimei hoken no riron
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1991.4
ページ数 222p
大きさ 22cm
ISBN 4492700242
NCID BN06165858
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91032190
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想