放送の自由と責任

ジョン・E.クーンズ 編 ; 日本民間放送連盟放送研究所 訳

[目次]

  • もくじ
  • 序文 赤尾好夫
  • 日本版へのメッセージ1 ルロイ・コリンズ
  • 日本版へのメッセージ2 ニュートン・N・ミノウ
  • はしがき ジョン・E・クーンズ
  • 第1章 責任をとおした自由 ルロイ・コリンズ / p1
  • 1. 放送にあたえられた栄光 / p1
  • 2. 政府の役割 / p4
  • 3. 自らの力で改善 / p9
  • 4. 新免許申請と再免許申請の問題 / p14
  • 第2章 公共の利益 ニュートン・N・ミノウ / p20
  • 1. 検閲とは何か / p20
  • 2. 連邦通信委員会の仕事 / p26
  • 3. 委員会批判への反論 / p35
  • 4. 今後の方針 / p41
  • 第3章 I 政府の役割 ルイス・L・ジャッフェ / p44
  • 1. 政府の責任 / p44
  • 2. 二つの側面 / p46
  • 3. 放送人の義務 / p48
  • 4. テレビの責任 / p52
  • 5. 番組査察の必要 / p53
  • 6. 検閲の問題 / p55
  • II 反論 チャールズ・H・キング / p58
  • 1. ジャッフェ教授の意見の概括 / p58
  • 2. 公共の責任について / p59
  • 3. 申請書の問題 / p60
  • 4. 公聴会の問題 / p63
  • 5. アメリカ国民の選んだ放送組織 / p64
  • 第4章 I 私的な利害 ロスコウ・L・バロウ / p67
  • 1. 序説 / p67
  • 2. 広告機能がテレビジョン番組に与える影響 / p70
  • a. 広告主と代理店 / p70
  • b. ネットワーク会社 / p74
  • c. 放送業者 / p76
  • d. 番組に影響力をもつネットワークと加盟局との業務関係 / p77
  • e. 独立プロダクション作品に対するネットワーク会社の部分的所有権 / p78
  • 3. その他の私的勢力の番組にあたえる影響 / p78
  • a. NAB / p79
  • b. タレントの支配 / p81
  • c. 社会集団の圧力 / p83
  • 4. 提案された解決策の再検討 / p84
  • a. 放送産業の自主規制 / p84
  • b. 放送局の検査 / p86
  • c. ネットワーク会社の規制 / p89
  • d. 諮問委員会と独立の分析センターの設置 / p90
  • 5. 結び / p91
  • II 反論 W・セオドア・ピアースン / p95
  • 1. 問題の根底 / p95
  • 2. 番組規制の中央集権化-その違憲性 / p97
  • 3. 検閲(画一化)か,自由(多様化)か / p104
  • 4. 大衆の必要と嗜好 / p109
  • 5. 公共事業の目的 / p111
  • 第5章 連邦通信委員会の権限 ジョール・ローゼンブルーム / p115
  • 1. はしがき / p115
  • 2. 法令および憲法上の資科 / p116
  • 3. 連邦通信法の歴史 / p118
  • a. 1927年の無線法 / p118
  • b. 無線法(1927~1934)における通信規則の行政,司法,立法史 / p141
  • c. 1934年通信法,当初の立法史 / p149
  • d. 1934年以降の経過 / p153
  • 4. 司法的解釈 / p155
  • a. 最高裁判所 / p155
  • b. コロンビア地区巡回高等裁判所 / p162
  • c. その他の連邦裁判所 / p166
  • 第6章 ディスカッション / p176
  • 1. 放送局の分化について / p176
  • 2. 検閲の問題 / p177
  • 3. ジャッフェ論文をめぐって / p180
  • 4. テレビ局の稀少要素 / p185
  • 5. 特殊問題 / p188
  • 6. 自由企業としての放送企業 / p189
  • 7. 番組改良への提案 / p192
  • 8. テレビの責任 / p200
  • 9. 教育テレビ援助法案について / p201
  • 10. よいテレビとわるいテレビ / p202
  • 11. 公共奉仕番組とは何か / p207
  • 12. 放送の自由と責任 / p209
  • 13. 番組検討権について / p215
  • 14. 代理店と広告主の位置 / p217
  • 15. 番組編成の均衡について / p222
  • 16. 参加者各人の意見 / p225
  • 講演者および参加者紹介 / p233
  • 解題 / p235
  • 訳者あとがき

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 放送の自由と責任
著作者等 Coons, John E
日本民間放送連盟放送研究所
Conference on Freedom and Responsibility in Broadcasting Northwestern Univ. 1961.
ジョン・E.クーンズ
書名ヨミ ホウソウ ノ ジユウ ト セキニン
書名別名 Hoso no jiyu to sekinin
出版元 岩崎放送出版社
刊行年月 1964
ページ数 242p
大きさ 22cm
NCID BN06162099
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64010840
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想