聖徳太子事典

黛弘道, 武光誠 編

日本史上はじめての巨大な才能をもった聖徳太子。最新の研究成果をもって第一線の学者が全力投球で書きました。聖徳太子のすべてのことについてお答えします。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 時代(継体朝の成立から太子の時代へ
  • 6、7世紀の朝鮮 ほか)
  • 家系(茅渟王-塚穴山からのメッセージ
  • 用明天皇とその子孫 ほか)
  • 政争(蘇我・物部の争い
  • 崇峻天皇の暗殺 ほか)
  • 政策(冠位十二階
  • 国県制 ほか)
  • 思想(三経義疏
  • 十七条憲法 ほか)
  • 重要人物・氏族(推古天皇
  • 慧慈
  • 小野妹子
  • 蘇我馬子
  • 物部連
  • 大伴連と王位継承をめぐる争乱
  • 阿倍氏
  • 膳氏
  • 中臣氏)
  • 対外関係(遣隋使
  • 筑紫と来目皇子の遠征 ほか)
  • 史蹟(法隆寺
  • 四天王寺 ほか)
  • 史料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖徳太子事典
著作者等 武光 誠
黛 弘道
書名ヨミ ショウトク タイシ ジテン
書名別名 Shotoku taishi jiten
出版元 新人物往来社
刊行年月 1991.4
ページ数 321p
大きさ 22cm
ISBN 4404018037
NCID BN06159254
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91033444
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想