これからの経済学

佐和隆光 著

経済社会がソフト化し、政治が保守化した1980年代は、経済理論にとってもまた保守化の時代であった。だが、潮の流れは変わった。効率から公正へ、保守からリベラルへ-。著者は21世紀に向けて、地球環境問題をも視野に収めた「グローバル・ケインズ主義」を提唱する。衝撃的な問題提起の書『経済学とは何だろうか』の続篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 経済学の過去と現在
  • 第2章 ケインズは本当に死んだのか
  • 第3章 1980年代の思想潮流
  • 第4章 ソフト化時代と経済用語
  • 第5章 これからの経済と経済学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 これからの経済学
著作者等 佐和 隆光
書名ヨミ コレカラ ノ ケイザイガク
書名別名 Korekara no keizaigaku
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.4
ページ数 225, 5p
大きさ 18cm
ISBN 4004301661
NCID BN0615084X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91039290
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想