大津事件 : ロシア皇太子大津遭難

尾佐竹猛 著 ; 三谷太一郎 校注

1891年5月11日、滋賀県大津で折から来遊中のロシア皇太子が警備の巡査津田三蔵に襲撃されるという事件が突発した。著者は、豊富な資料を駆使して、この事件によって照らし出された明治国家の権力構造を鮮やかに描き出してゆく。司法権の独立をめぐる有名な大津事件を総合的に叙述した唯一の書。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大津事件 : ロシア皇太子大津遭難
著作者等 三谷 太一郎
尾佐竹 猛
書名ヨミ オオツ ジケン
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.4
ページ数 338p
大きさ 15cm
ISBN 4003318218
NCID BN06150668
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91039154
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想