砂漠のラクダはなぜ太陽に向くか? : 身近な比較動物生理学

坂田隆 著

たとえサラダを山盛りこしらえて、「私はウシだあ」などと野菜だけを食べても、ヒトなら身が細るばかり。ところが、ウシは繊維質だらけの草だけ食べていても、お肉やミルクをたっぷり作れる!この違いはどこからくるのだろう?ラクダは砂漠になぜ強い?などなど、自然環境に巧みに適応して驚異の能力を発揮する、さまざまな脊椎動物の生理を楽しく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ウシが草だけたべて生きられるのはナゼ?
  • 2 滝のぼりをするコイのエネルギー源は何?
  • 3 ラクダは砂漠になぜ強い?
  • 4 モグラはどうして地下にすむ?
  • 5 オサガメが原潜よりも深くもぐれるワケ
  • 6 ハチドリはいつも腹ペコ、ナゼ?
  • 7 海中のサケは塩づけにならない。なぜだろう?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 砂漠のラクダはなぜ太陽に向くか? : 身近な比較動物生理学
著作者等 坂田 隆
書名ヨミ サバク ノ ラクダ ワ ナゼ タイヨウ ニ ムクカ
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1991.4
ページ数 220, 2p
大きさ 18cm
ISBN 4061328670
NCID BN06149487
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91036776
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想