与謝蕪村

安東次男 著

蕪村は、正岡子規によって発掘されて芭蕉以上の評価を受け、萩原朔太郎によりその浪漫的な郷愁の詩人としての一面が強調された。本書では在来の安易な解釈を斥けて、一字一音一句をもゆるがせにしない批評眼で、画人蕪村・俳人蕪村が渾然一体となる詩心の神髄を解明する。「春風馬堤曲」等の俳体詩や発句の数々に溢れる清新なイメージと幻想を追って発想の契機、創作心理にまで迫る鑑賞と評論の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「澱河歌」の周辺
  • 「春風馬堤曲」新釈
  • 「北寿老仙をいたむ」のわかりにくさ
  • 鑑賞篇
  • 文人の句
  • 竹渓訪隠
  • 画俳
  • 碑にほとりせん
  • 季題考
  • 真贋
  • 蕪村との出会
  • 蕪村余瀝
  • 蕪村小伝(年譜)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 与謝蕪村
著作者等 安東 次男
書名ヨミ ヨサ ブソン
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1991.4
ページ数 374p
大きさ 15cm
ISBN 4061589652
NCID BN06131856
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91035684
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想