身近な物理の世界

福井崇時 著

この本では、物理学としての基本概念、考え方を、学生に拒否反応を起こさせないで消化不良にもならずに、理解されてゆくように、日常身近に見ている、聞いている、体験している現象や使用している電気器具の機能などを物理学の目で見、物理学の言葉で説明する。そしてそれらの事柄と物理学とのかかわりを明らかにしてゆく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 はじめに-常識と事実
  • 2 物質と熱
  • 3 光
  • 4 電気と磁気
  • 5 原子
  • 6 量子、ミクロ、の世界
  • 物理学の発展で活躍した人物

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 身近な物理の世界
著作者等 福井 崇時
書名ヨミ ミジカナ ブツリ ノ セカイ
書名別名 Mijikana butsuri no sekai
出版元 講談社
刊行年月 1991.4
ページ数 123p
大きさ 21cm
ISBN 4061532030
NCID BN0612883X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91033876
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想