男性自身生き残り

山口瞳 著

マメに働けば腹が立つ、野暮に水させば泣かされる、意地でも張らねば退屈だ、とかくに人の世は住みにくい…。だか待てしばし、それでも真面目に生きている男の本音、男のこころがここにある。雑木林の残る東京郊外の、倉庫のような箱のようなまっちかくな家「変奇館」で書かれる、思わず笑いがこぼれたり、なるほどとうなずいたり、"同感"と叫んだりの名エッセイ51編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 私の駄目な
  • 近頃の職人
  • 日本ダービー観戦記
  • 川端さん
  • 生き残り
  • 時計の運命
  • 名人大山康晴
  • 変奇館の春
  • 押し寄せる春
  • 七里ケ浜の哀歌
  • 女房の母
  • 万年筆その後
  • 大関貴ノ花
  • 古今亭志ん生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 男性自身生き残り
著作者等 山口 瞳
書名ヨミ ダンセイ ジシン イキノコリ
書名別名 Dansei jishin ikinokori
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1986.10
ページ数 276p
大きさ 16cm
ISBN 4101111162
NCID BN06127804
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87004208
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想