通産省 : 経済参謀本部からの転換

川北隆雄 著

日本株式会社の参謀本部として、産業界に君臨してきた異色官庁・通産省は今、存在意義を問われている。他省庁との確執、海外からのMITI批判、天下りパワーの低下など、苦悩する政策集団の全容を解剖する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 曲がり角に立つ通産官僚
  • 2 政策決定過程
  • 3 通産省の組織
  • 4 省際戦争-ケンカ官庁の突出
  • 5 戦後日本の産業政策
  • 6 産業政策とは何か
  • 7 通産省に明日はあるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 通産省 : 経済参謀本部からの転換
著作者等 川北 隆雄
書名ヨミ ツウサンショウ
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1991.3
ページ数 246p
大きさ 18cm
ISBN 406149046X
NCID BN06126437
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91032065
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想