教師のための「話術」入門

家本芳郎 著

教師は<話すこと>の専門職だ。なのに無視されてきた教師の「話術」。この大いなる"盲点"に、<指導論>の視点から本格的に切り込んだ初めての本。具体例たっぷり、微苦笑にくるんで贈る、教師の話しかた入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 いまなぜ教師の「話術」なのか(教師は「話すこと」の専門職
  • わたしの「話術」開眼)
  • 2 話しかたの技術(「聞こえる声」「わかる声」「明るい声」
  • からだ全部を使って話す
  • 聞かせる話をするコツ
  • 話を生かすパフォーマンス)
  • 3 話す内容をどう組み立てるか(TPOに応じた話しかた
  • 短い話を効果的にする工夫
  • 話を楽しくする知恵)
  • 4 いま求められる教師の話しかた(先生が困るんだ
  • シークレット・メッセージ
  • 「ありがとう」という言葉
  • ちょっと聞いてほしいんだが
  • ほんとのこというと、先生もそうなの
  • いやな話だけど
  • がんばれの言いすぎ
  • 権力的な話法は避ける
  • 現代っ子特有の問いかけへの対応
  • だれとでも話せる教師に)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教師のための「話術」入門
著作者等 家本 芳郎
書名ヨミ キョウシ ノ タメノ ワジュツ ニュウモン
出版元 高文研
刊行年月 1991.12
ページ数 225p
大きさ 19cm
ISBN 4874981224
NCID BN06117957
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92026199
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想