ヨーロッパの日記  第1部 (ヨーロッパの日記の基本モチーフ)

グスタフ・ルネ・ホッケ 著 ; 石丸昭二 ほか訳

ルネサンスから現代まで400年に亘る赤裸な<生>の記録を、的確に抽出された基本モチーフによって分類分析し,カオスからロゴスへ実存の確信を希求して相克するヨーロッパ精神の彷徨、この終りなき弁証法的人間ドラマを間然する所なく再構築,ヨーロッパとヨーロッパ人の本質に迫る初の体系的日記人間学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ヨーロッパの日記の基本モチーフ-比較文学史のために(意図と方法
  • 構造と動機
  • 自己観察と世界観察
  • 自己の発揚と解体
  • 愛、性愛、性欲
  • 隣人にたいする不安と外界批判
  • 証言記録と時代批判
  • 日記人間学
  • 創造の問題
  • 哲学と自己経験
  • 絶対者の年代記
  • 整理 日記の<神話的意味>)
  • 第2部 ヨーロッパ日記選(ルネサンスから古典的絶対主義の終りまで
  • フランス革命から世紀末デカダンスまで
  • 古いヨーロッパの終焉から現代まで)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパの日記
著作者等 Hocke, Gustav René
信岡 資生
柴田 斎
石丸 昭二
ホッケ グスタフ・ルネ
書名ヨミ ヨーロッパ ノ ニッキ
書名別名 Das europäische Tagebuch

ヨーロッパの日記の基本モチーフ
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 300
巻冊次 第1部 (ヨーロッパの日記の基本モチーフ)
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1991.3
ページ数 645, 18p
大きさ 20cm
ISBN 4588003003
NCID BN0611690X
BN06117221
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91034357
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想