男たちの好日

城山三郎 著

外国製品に蹂躪されている昭和初年の日本に電気化学工業を興すことで「国の柱」になろうと邁進する牧。しかし、苦心惨憺して開発した硫安やアルミ製造技術は、統制経済をとりはじめた国家によって公開を迫られ、牧は国策会社の社長に祭りあげられてしまう。国家を幸せにすることはあっても、国家によって幸せにされることのなかった男の生涯を通し、「男の好日」とは何かを問う長編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 男たちの好日
著作者等 城山 三郎
書名ヨミ オトコタチ ノ コウジツ
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1988.5
ページ数 388p
大きさ 16cm
ISBN 4101133204
NCID BN06109314
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88036246
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想