螺旋階段をおりる男

夏樹静子 著

他人の目には理想のカップルだが、二人だけになると異常な嫉妬を露わにする弁護士を夫に持った妻の孤独な悩みと、終日妻への不信感に苛まれるその男。-現代人が直面するさまざまな疲労・倦怠・空虚と、一歩間違えれば悲劇が生まれる現代の恐怖を題材にした表題作ほか、いずれも一見平穏な日常生活の下に潜む意外な犯意や、犯人の心理を鮮やかに捉えた2編を収録する。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 螺旋階段をおりる男
著作者等 夏樹 静子
書名ヨミ ラセン カイダン オ オリル オトコ
書名別名 女検事霞夕子

Rasen kaidan o oriru otoko
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1988.1
ページ数 272p
大きさ 15cm
ISBN 4101443025
NCID BN06107013
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88016503
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
予期せぬ殺人 夏樹 静子
白い影 夏樹 静子
螺線階段をおりる男 夏樹 静子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想