上代国文学の研究

武田祐吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 上代の文化と說話文學
  • 一 時代の槪觀 / 1
  • 二 漢字の渡來とその流通 / 5
  • 三 文字使用法と文章 / 9
  • 四 帝都を中心として / 17
  • 五 氏族制度 / 25
  • 六 神々の別れ / 32
  • 七 古事記と大國主 / 38
  • 八 耕人の生活 / 47
  • 九 佛敎と老子敎 / 54
  • 第二編 歌謠と漢文學
  • 一 上代歌謠の形式 / 71
  • 二 傳說時代の歌謠 / 83
  • 三 記錄發生時代の歌謠 / 90
  • 四 萬葉人の文學觀 / 97
  • 五 都會人の生活 / 110
  • 六 萬葉集の歌人 / 123
  • 七 柿本人麻呂 / 128
  • 八 高橋蟲麻呂 / 135
  • 九 山上憶良と大伴旅人 / 142
  • 十 大伴家持 / 156
  • 十一 奈良朝末の歌壇 / 181
  • 十二 萬葉時代の漢詩文 / 191
  • 十三 萬葉時代の小說 / 196
  • 十四 平安朝へ / 207
  • 第三編 資料の解說
  • 小引 / 219
  • 一 古事記 / 222
  • 二 日本書紀 / 229
  • 三 風土記 / 237
  • 四 上宮聖德法王帝說 / 245
  • 五 懷風藻 / 246
  • 六 萬葉集 / 251
  • 七 佛足跡歌碑 附金石文 / 255
  • 八 家傳 / 260
  • 九 歌經標式 / 260
  • 十 唐大和上東征傳 / 270
  • 十一 正倉院文書 / 271
  • 十二 續日本紀 / 281
  • 十三 高橋氏文 / 283
  • 十四 神宮儀式帳 / 285
  • 十五 古語拾遺 / 285
  • 十六 日本國現報善惡靈異記 / 287
  • 十七 尾張國熱田太神宮緣起 / 289
  • 十八 祝詞 / 290
  • 十九 東大寺要錄 / 296
  • 第四編 萬葉集の撰定に關する硏究
  • 一 從來の學說の槪觀 / 299
  • 二 現存萬葉集は大伴家持の撰にあらず / 307
  • 三 東歌を疑ふ / 338
  • 四 題詞と作者とを缺ける六卷 / 379
  • 五 萬葉集に見えたる諸歌集 / 385
  • 一 類聚歌林 / 386
  • 二 柿本朝臣人麻呂歌集 / 388
  • 三 古歌集 / 393
  • 四 笠朝臣金村歌集 / 396
  • 五 高橋連蟲麻呂歌集 / 397
  • 六 田邊福麻呂歌集 / 398
  • 六 古註の硏究 / 398
  • 七 大伴家の人々 / 421
  • 八 橘諸兄と大伴家持 / 428
  • 索引第一 本書の第二體系
  • 索引第二 五十音圖びき索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 上代国文学の研究
著作者等 武田 祐吉
書名ヨミ ジョウダイ コクブンガク ノ ケンキュウ
出版元 博文館
刊行年月 1921 2版
ページ数 450p
大きさ 19cm
NCID BN06106156
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54007558
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想