組織と運営の活性化

労働問題実践シリーズ編集委員会 編

第7巻「組織と運営の活性化」は、まず第1部で、二一世紀に向かう新たな条件のもとでの「組織と運営の活性化」とはなにかを総括的に考えてみました。そのうえで第2部では、最近の経験にもとづきながら、活性化の方向を問題領域ごとに具体的に追求し、それをナショナルセンターの役割と結びつけて展望しました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 組織と運営の活性化(いま、なぜ活性化が重視されるのか
  • いま、活性化に向けて求められていることはなにか
  • 具体的課題のひろがりと活性化のための組織の対応)
  • 2 どう取り組むか-その経験とノウハウ(職場からの組織づくりと運営
  • 教育・宣伝活動の組織化
  • 教育・学習活動による活性化
  • 調査研究・政策活動の組織化
  • 婦人部・青年部の組織と活動
  • 中高年・退職組合員の組織と活動
  • 組合幹部のあり方と組織の活性化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 組織と運営の活性化
著作者等 労働問題実践シリーズ編集委員会
書名ヨミ ソシキ ト ウンエイ ノ カッセイカ
シリーズ名 労働問題実践シリーズ 7
出版元 大月書店
刊行年月 1991.3
ページ数 223p
大きさ 21cm
ISBN 4272300075
NCID BN0609858X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91032222
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想