判例・学説家族法

太田武男 著

本書は、婚約・内縁から、遺言・遺留分に至る民法親族編・相続編の各分野における判例と学説もしくは学説と判例との相関的なからみ合いによる、それぞれの進展過程ないしその軌跡を体系的に考察・分析したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 婚約
  • 内縁
  • 婚姻
  • 離婚
  • 実子
  • 養子
  • 親権・後見・保佐
  • 扶養
  • 相続人・相続財産
  • 遺言
  • 遺留分

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 判例・学説家族法
著作者等 太田 武男
書名ヨミ ハンレイ ガクセツ カゾクホウ
出版元 有斐閣
刊行年月 1991.2
版表示 増補版
ページ数 1冊
大きさ 20cm
ISBN 4641037175
NCID BN06093972
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91029216
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想