精子と卵のソシオロジー

緋田研爾 著

1つの精子と1つの卵が合体して1人前の個体ができる。だからといって精子と卵は半人前ではなく、見事な能力をもつ。精子の目覚めに始まり、卵からの精子への誘い、お互いの興奮、同じ仲間の見分け方、余分な精子の撃退法などを、現代の細胞生物学の最新成果を踏まえ、さまざまのエピソードを織り混ぜて紹介する。さらに、人間社会での関心事である避妊、不妊、男女生み分け、体外受精、性は必要か、といった問題にも言及する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ドラマの始まり
  • 第1章 精子の「目覚め」
  • 第2章 卵が精子を誘う?
  • 第3章 精子は卵で「興奮」する
  • 第4章 精子の侵攻作戦
  • 第5章 卵も精子で「興奮」する
  • 第6章 卵の「興奮」の実体
  • 第7章 ひとつの卵にひとつの精子
  • 第8章 受精相手を「見分け」る
  • 第9章 「見分け」のテクニック
  • 第10章 受精の仕上げ
  • 第11章 哺乳類の受精
  • 第12章 受精研究と社会生活
  • 第13章 「性」は必要か?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精子と卵のソシオロジー
著作者等 緋田 研爾
書名ヨミ セイシ ト タマゴ ノ ソシオロジー
書名別名 個体誕生へのドラマ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1991.3
ページ数 216p
大きさ 18cm
ISBN 4121010132
NCID BN06078629
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91039509
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想