証券市場論入門

津村英文 編

金融界を揺るがす自由化・証券化・国際化の波は、間接金融優位のシステムの変容を迫り証券市場にも大きな衝撃を与えた。激動の時代を見据えて新たな視野から編まれたテキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 国民経済と証券市場
  • 証券-意義と種類
  • 発行市場と流通市場
  • 株式市場
  • 公社債市場
  • 先物・オプション・ワラント
  • 証券分析とポートフォリオ理論
  • 証券市場の均衡
  • 証券市場の発達(欧米
  • 日本)
  • 金融自由化と証券市場の発展

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 証券市場論入門
著作者等 津村 英文
書名ヨミ ショウケン シジョウロン ニュウモン
書名別名 Shoken shijoron nyumon
シリーズ名 有斐閣双書
出版元 有斐閣
刊行年月 1991.2
ページ数 274p
大きさ 19cm
ISBN 4641110832
NCID BN06077728
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91029292
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想